眼内レンズについて

手術をご希望の方には、水晶体の代わりに移植する「眼内レンズ」をお選び頂きます。
眼内レンズの寿命は半永久的で、手術の後に洗浄したり、交換する必要はありません。
しかし、一旦眼内レンズを眼に中に入れてしまうと、簡単には取り替えられません。
個々の患者様のライフスタイルに合った眼内レンズをご相談の上、お選び頂きます。

眼内レンズを選ぶポイント

眼内レンズには遠くか近くのどちらかに焦点を合わせる「単焦点眼内レンズ」と、出来るだけメガネを掛けずに過ごしたい方には「多焦点眼内レンズ」があります。それぞれの眼内レンズには長所と短所があります。

単焦点眼内レンズについて


例①遠くが見えるように合わせた場合

単焦点眼内レンズ【乱視矯正可】

保険診療による白内障手術には、遠くか近くかのどちらか一方に焦点を合わせる単焦点眼内レンズを移植します。
術前検査の結果、乱視矯正が必要な方にはトーリックレンズを移植します。(眼の状態によってはトーリックレンズが適応外になる場合もございます)
手術後は人工レンズを挿入することにより調節力が無くなりますので、すべての距離に焦点を合わせることができません。
そのため、手術後は見えにくい距離についてはメガネが必要になります。
例①:眼内レンズを遠くが見えるように合わせた場合。
日常生活で常時メガネをかける必要はありませんが、老眼の状態になりますので読書などお手元を見る際には近用メガネ
(老眼鏡)が必要になります。
例②:眼内レンズを手元が見えるように合わせた場合。
読書など近くの距離はメガネ無しで見えますが、遠方の視力は
0.1程度になりますので日常生活においてはメガネをかける必要があります。

多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズは主に遠くと近くが見えるレンズです。
多焦点眼内レンズを用いた手術により、老眼年齢の患者様であっても日常生活においてはメガネに依存しない生活、メガネの使用頻度を減らすことが可能になりました。
単焦点眼内レンズが保険診療であるのに対し、多焦点眼内レンズは保険適応外で自費診療になりますが、
患者様にとっては最新の医療を選択することが可能となります。
3焦点眼内レンズは先進医療保険の適用外で完全自費診療になります。

多焦点眼内レンズの選択アドバイス

当クリニックでは患者様のライフスタイル、性格や医学的根拠に基づいた向き不向きなどを
考慮してレンズをお選び頂いています。

2焦点眼内レンズ【乱視矯正可】

主に遠くと近くにピントを合わせたレンズです。近くは読書などを行う距離になります。
中間距離の見え方は弱いのでデスクワーク等が多い患者様や長時間の近方作業については手術後にメガネが必要になる場合がございます。
術前検査の結果、乱視矯正が必要な方にはトーリックレンズを移植します。
当クリニックは先進医療施設に認可されていますので、先進医療特約に加入されている場合は保険会社へ手続きを行い、審査後に手術給付金を受け取ることができます。

3焦点眼内レンズ【乱視矯正可】

当クリニックでは従来の遠くと近くにピントを合わせた2焦点眼内レンズに加えて中間距離にもピントを合わせた3焦点眼内レンズを用いた手術を行っています。
どの距離もある程度見えることをご希望される患者様に適した当クリニック推奨レンズです。国内未承認のレンズですが、海外各地で広く普及しているレンズです。
術前検査の結果、乱視矯正が必要な方にはトーリックレンズを移植します。
尚、3焦点眼内レンズを用いた手術は先進医療対象外ですので完全自費診療になります。

<3焦点眼内レンズの焦点範囲>
遠方 → 車の運転、スポーツ、映画鑑賞、テレビなど
中間 → パソコン、料理、カーナビなど
近方 → 読書、スマートフォン、編み物、化粧など
<手術後の視力範囲イメージ>
読書などは33〜40センチまでの範囲
PCモニターは65センチまでの範囲

ご注意事項

  • 多焦点眼内レンズは両眼に同じ種類のレンズを移植してはじめて最良の結果が得られます。
    従って両眼の同日手術が原則となります。多焦点眼内レンズをご希望されても、
    眼の状態によってお選び頂けない場合がございますので予めご了承ください。
  • ご高齢の方は手術後の見え方に慣れて頂くまでに少し時間がかかる場合があります。
    しっかりと見えるまでに数ヶ月かかるケースもあります。
  • 手術後の見え方には個人差がありますので、絶対にメガネを掛けたくないという方にはお勧めできません。手術後にご満足を頂けない距離については、後からメガネで補正する必要があります。

多焦点眼内レンズが不適合の患者様例

  • 片眼が既に単焦点眼内レンズで手術されている方
  • 眼内の組織が弱く、瞳の中心に眼内レンズを移植できない方
  • 糖尿病網膜症や緑内障、黄斑変性症など、白内障以外の眼底疾患がある方
  • 夜間の車の運転が多いご職業の方や精密な近方作業を行う方
  • 細かいことが気になり、完璧さを求めてしまう方

手術後の見え方、コントラスト感度について

ハローグレア現象

多焦点眼内レンズを挿入した場合、コントラスト(色の濃淡)については一点にピントを合わせる
単焦点眼内レンズと比較すると弱く感じます。
これは外から入ってきた光を眼内レンズが遠方と近方に分けるために起こる現象です。
多くの場合、日常生活において支障が出るようなレベルではありませんが、
色を識別するような職業の方や細かな作業をされる方には不向きです。
また、手術後には「ハロー・グレア」という現象が生じることがあります。
「ハロー」は光の周辺部分に輪が掛かったように散乱して見える現象です。
夜の街灯やネオン、車のライトなどでそのような症状が目立ちます。
「グレア」は光がギラつく現象で、同じく夜の街灯や車のライトなどが眩しく見えることが
あります。そのため、夜間の運転が多い方や職業運転士の方にはお勧めしていません。

多焦点眼内レンズの適応条件

多焦点眼内レンズをご希望の方には十分な適応検査が必要です。
正確な検査データを得るために、当クリニックでは原則、手術日までに3回のご来院をお願いしています。

視力に影響を及ぼすような白内障以外の眼疾患を併発している場合は、多焦点眼内レンズを挿入しても本来のレンズの効果が得られない可能性があります。
主な症状としては緑内障による視野障害、黄斑変性症などの網膜硝子体疾患がある場合は適応には
なりません。
又、メガネを手術後に掛けることに全く抵抗のない方は、保険診療による単焦点眼内レンズでも
ご満足頂けるかと思います。

多焦点眼内レンズは高価なレンズということもあり、見え方への期待度を高くお持ちの患者様が
多くいらっしゃいます。多焦点眼内レンズの満足度は患者様の眼の状態によっても違ってきます。
手術後にレンズの入替え等の再手術は行っておりませんので慎重にご検討頂きますようお願い致します。
・術前に多焦点眼内レンズに対して過度な期待を持っている。
・細かい事が気になり、完璧さを求めてしまう。
(手術後の視力や手術の成功率など数値的なデータが気になる方)
・周囲の意見や感想、インターネット等の情報に左右され、自分の意思で決められない。

上記に該当する場合は、多焦点眼内レンズの見え方にご満足を頂けない可能性がありますので
お勧めはしておりません。
赤星先生の著書「白内障のひみつ」にも多焦点眼内レンズについて解説されていますので
購入をご希望される方は当クリニック受付にお申し付けください。
多焦点眼内レンズを用いた手術はメガネの使用頻度を減らすことを目的としていますので、
100%メガネが不要になることを確約するものではございません。
手術後に見え方が物足りない距離についてはメガネが必要になる場合がございますので
予めご了承くださいますようお願い致します。

クオリティ・オブ・ライフの向上を目指して 当クリニックが多焦点眼内レンズをお勧めする理由クオリティ・オブ・ライフの向上を目指して 当クリニックが多焦点眼内レンズをお勧めする理由

「クオリティ・オブ・ライフ」とは患者様お一人お一人の生活の質を意味し、身心の健康を支えていく上で
必要なものとして近年は医療の現場でも重要視されてきています。
当クリニックでは白内障手術を受けることによって、生活の質の向上に繋がり、健康、社会的な負担も
軽減できると考え、事前に患者様のライフスタイルなどをお伺いし、眼の状態を精密に検査した結果、
適応の方には多焦点眼内レンズをご提案しています。

最大の特徴は、手術後のメガネの使用頻度を減らしたいという希望を実現できることです。
自費診療で費用面の負担はありますが、手術後の快適さにおいては大きなメリットがあります。
長寿社会の日本では現役で活躍される方も多い時代になり、裸眼視力の向上は生活の質の向上を意味します。

特に当クリニックがお勧めする3焦点眼内レンズ・ファインビジョンは
今後の豊かな視生活をお過ごし頂くお手伝いをさせて頂きます。

ご予約お問い合わせ フリーダイヤル(通話無料)0120-916-207 フリーダイヤルをご利用できない方(通話有料) 03-5542-1446 電話受付時間 月~金・日9:00~18:00 (土曜日・祝日は外来休診です)

ご予約お問い合わせ

  • フリーダイヤル(通話無料)0120-916-207
  • フリーダイヤルをご利用できない方(通話有料)03-5542-1446

電話受付時間 月~金・日9:00~18:00 (土曜日・祝日は外来休診です)