よくある質問

当院へ多く寄せられる質問をまとめました。
こちらに記載されていない質問はお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

クリニックについてのご質問

赤星先生の手術を受けるにはどうすれば良いですか?
特に必要な手続きはございません。
当クリニックで行う日帰り白内障手術はすべて赤星医師が執刀いたします。
手術前・後の診察は当クリニック院長及び他医師が担当いたします。
赤星先生の診察を受けることはできますか?
赤星医師は当クリニックの執刀医であり、外来の診察は行っておりません。
赤星医師の診察をご希望の方は三井記念病院へお問い合わせください。
紹介状は必要ですか?
誠にお手数ですが、眼科からの紹介状をお持ちいただくようお願いしています。
当クリニックでの白内障手術後は2~3ヶ月程の定期的な経過観察が必要となります。
かかりつけの眼科に通院中の方は当クリニック宛の紹介状をお願いしてください。
眼科にかかっておられない方は先ずはご自宅からお近くの眼科を受診して頂き、紹介状をお願いしてください。
手術後は、紹介元の先生のもとで定期的な診察をお受け頂きます。
すぐに手術ができますか?
安全に手術を行うためには、眼や全身の状態を詳しく調べて手術の内容を患者様によく理解していただく
必要がございます。
そのため、手術前には3回程度の通院をお願いしております。
初診時に手術予約をお取りしていますが、手術までの期間はホームページの手術予約状況をご確認ください。
予約状況によって待機時間が長くなっていく可能性もございますので予めご了承ください。
尚、すでに他医療機関で手術を受けられた方の再手術等はお受けできませんのでご注意ください。
受診をするのに予約は必要ですか?
当クリニックは完全予約制です。
予約はお電話にて承っておりますのでフリーダイヤルにて
お問い合わせください。
駐車場はありますか?
当クリニックには専用の駐車場がございません。受診される方には散瞳する目薬を点眼することから
お車での来院はできないことを予めお伝えしております。
お付き添いの方が運転されての来院については当クリニックに隣接するYUITO地下駐車場(有料)を
ご案内しております。

多焦点眼内レンズについてのご質問

多焦点眼内レンズを移植すれば、今後メガネは一生要らなくなりますか?
多焦点眼内レンズの手術は日常生活におけるメガネの使用頻度を少なくし、メガネに依存しない生活を目的とした
手術です。100%メガネが要らなくなることを確約する手術ではありませんので慎重にご検討ください。
周囲やインターネットの情報では不安の声も挙がっていますが・・・
当クリニックでは多焦点眼内レンズの見え方には個人差がありますので、
ご自身のライフスタイルにあったレンズ選びをお勧めしています。多焦点眼内レンズの手術を受けた方の感想などは個人によって様々ですので必ずしもご自身に当てはまるわけでありません。
手術後は直ぐには慣れないことがあると聞きますが・・・
手術翌日から慣れる方もおられれば、1ヶ月以上経ってやっと慣れてきたという方もいらっしゃいます。
個人差がありますのですべての方に該当するわけではありませんが、焦らずに時間をかけて慣らしていきましょう。
手術後はできるだけ明るい場所で読む練習をされることをお勧めしています。
多焦点眼内レンズの手術は通常の白内障手術よりも時間が掛かるような難しい手術なのでしょうか?
眼内レンズの種類が変わるだけで手術は通常の白内障手術と同様ですのでご安心ください。
手術後に慣れない場合は眼内レンズの入れ替えができますか?
原則、入れ替えなどの再手術は行いません。赤星医師の術式「フェイコ・プレチョップ法」は
1.8ミリの極小角膜切開創で安全性の高い手術による眼内レンズの移植を行っています。
一旦移植した眼内レンズを取り出すことはリスクの高い手術になりますので、
手術前にしっかりと眼内レンズの特徴をご理解頂きますようお願いいたします。
(単焦点眼内レンズの場合でも同様です)