実際の白内障手術

白内障手術の流れ

  • 1手術前準備
    手術準備室に入る前に薬用石鹸を使って目のまわりやお顔を洗って頂きます。
    準備室では上着を脱いで、清潔なガウンを着用します。
    血圧を測定し、抗生物質の点滴を行います。
    心疾患のある患者様には心電図モニターやオキシメーターを付けて、術中の心肺機能を監視します。順番がきましたら、看護師が手術室にご案内します。
  • 2点眼麻酔
    まず点眼薬で麻酔をしてから、目のまわりを消毒します。
    点眼麻酔の場合、痛みはなくなりますが、ものを見る視神経と眼球を動かす筋肉は麻痺しないので、手術中に目が動いてしまうことがあります。
    手術中は、赤星医師がお願いした場所をしっかりと凝視し、動かないようにしていて下さい。
    手術中は開瞼器という器具を使ってまぶたを広げますので、眼を閉じてしまう心配はありません。
  • 3角膜切開
    • 切開の幅は1.8ミリで、ここから濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを入れます。
      人間の身体は、どこを切ってもたいてい出血しますが、角膜は血管のない組織なので血が出ることはありません。
    • ダイヤモンドメス
      1.8ミリの極小切開を可能にしたダイヤモンドメス。
      スイスで加工した厚さ0.1ミリの特別なダイヤモンドを使っています。金属製のメスに比べてきれいな切り口なので、傷口は縫わなくても自然にふさがります。
  • 4前嚢(ぜんのう)切開
    • 角膜と水晶体の間の「前房(ぜんぼう)」という空間に、粘弾性(ねんだんせい)物質(ぶっしつ)という糊のような薬を注入します。
      この物質で前房の空間を保ち、角膜を透明に維持する角膜内皮(かくまくないひ)細胞(さいぼう)を保護します。
    • 次に、水晶体をつつんでいる膜(嚢(のう))の前側(前嚢(ぜんのう))に亀裂のない丸い穴を開けます。これを前嚢切開といいます。
  • 5プレチョップ
    赤星医師が独自に開発したプレチョッパーという器具を使い予め核を分割します。この作業を行った上で核を吸引すると、超音波(ちょうおんぱ)乳化吸引(にゅうかきゅういん)にかかる時間を大幅に短縮でき、手術をより安全に、効率よく行うことができるのです。

    • プレチョッパーで水晶体の核を分割します。
      水晶体には繊維構築があるので、正しい方向に力を加えると核は簡単に割れます。
    • プレチョッパー
      水晶体を簡単に分割できるプレチョッパー。核の硬さによって2種類を使い分けます。写真は柔らかい核用のプレチョッパーです。
    • フェイコ・プレチョップ法で、超音波をかける時間が短くなれば、超音波チップの熱で傷口が傷むこともありませんし、超音波のエネルギーによる角膜内皮細胞の障害も軽減されます。
      また、眼内に灌流液(かんりゅうえき)を流す時間も短くなりますので、視神経や他の重要な組織にかかる負担も軽減できます。
    • プレチョップ法では、超音波を使わずに、核を細かく分割することができます。

    フェイコ・プレチョップ法と極小切開超音波白内障手術赤星医師は、1992年(平成4年)「フェイコ・プレチョップ法」という、新しい白内障手術の術式を開発しました。 従来の手術法では、濁った水晶体を片端から超音波を使って砕いて吸い取っていましたが、手術に時間がかかり、手術中に合併症を起こすことも、少なからずありました。 「フェイコ・プレチョップ法」では、超音波をかける前に、水晶体をプレチョッパーという特集な器具で、細かく分割しておくため、超音波をかける時間が著しく短縮され、合併症を起こす頻度も非常に少なくなりました。 従来20~30分かかっていいた手術も「フェイコ・プレチョップ法」を用いることにより、4~5分で終わるようになりました。 この方法は眼球に与える侵襲が極めて少ないので、従来では不可能とされていた、2ミリ以下の小さな創口からの手術が可能となり、赤星医師が2004年(平成16年)に完成した新しい手術システムを用いることにより、現在では1.8ミリの「極小切開超音波白内障手術」が当クリニックの標準術式となっています。 赤星医師が開発した特殊なインジェクターという挿入器具を用いることにより、1.8ミリの創口から直径6ミリの眼内レンズを移植することが可能となり、術後から乱視のない良好な視力を回復できるようになりました。 近年では乱視矯正用のトーリックレンズにより、術前から存在する乱視も治すことができます。手術はすべて点眼麻酔で行われ、術後すぐにものを見ることができますので、眼帯無しで歩いて帰宅することが可能です。

  • 6超音波乳化吸引
    プレチョッパーで核を分割した後、超音波乳化吸引を行います。ここでは赤星医師が独自に開発した超音波チップと、眼内に灌流液を流し込むナノスリーブという管を使い、最小限の超音波エネルギーで水晶体の核を乳化吸引します。通常の白内障での超音波時間は数秒程度です。
    白内障の合併症で最も頻度が高かったのは、水晶体をつつんでいる嚢(のう)の後ろの部分、後嚢(こうのう)を超音波乳化吸引のときに破ってしまう「後嚢(こうのう)破損(はそん)」でした。プレチョップで核を予め分割しておくと、超音波乳化吸引が極めて簡単に行えるので、後嚢破損のリスクが大幅に軽減しました。

    • プレチョップ分割された核片を1つずつ、超音波チップを用いて乳化吸引する。
    • 超音波チップ
      先端から超音波が発振され、そのエネルギーで水晶体が砕かれ、吸い取られます。赤星医師考案のこの超音波チップは、超音波の効率を高めるため、先端が四角い形状をしています。
  • 7皮質の吸引除去
    核を超音波で取り除いた後は、残った皮質部分を、極小切開用に開発した、非常に細いI/Aチップという器具で取り除きます。
    皮質は軟らかいので、超音波をかけずにI/Aチップで吸い取ることができます。これで眼内には水晶体をつつんでいた透明な嚢だけが残ります。

    • 残った皮質部分はI/Aチップを用いて吸引除去します。
    • 極小切開用I/Aチップ
      先が少し曲がっていることで、嚢内の皮質を残さずきれいに吸い取ることができます。このチップも赤星医師がデザインしたものです。
  • 8眼内レンズの移植
    再び粘弾性(ねんだんせい)物質(ぶっしつ)を入れ、水晶体をつつんでいた嚢をふくらませます。次にインジェクターという器具に折りたたんで入れた眼内レンズを嚢のなかに移植します。レンズはアクリル製のもので、目の中でゆっくり開きます。

    • 直径6ミリのアクリル製眼内レンズを、インジェクターを使って挿入します。
    • インジェクター
      1.8ミリの傷口から眼内レンズを入れることを可能にした器具です。アクリル製の眼内レンズを、こよりのように細く丸めて挿入します。
    • このときに使用するインジェクターも赤星医師が独自に開発したものです。従来はレンズを半分に折りたたんでピンセットでインジェクターにセットしていたので、6ミリのレンズを入れるには3ミリ以上の傷口が必要でした。1.8ミリの傷口から6ミリの眼内レンズを入れるためにはインジェクターも独自に開発する必要があったのです。
      最後に目の中の粘弾性(ねんだんせい)物質(ぶっしつ)を洗い手術は終了です。この手術にかかる時間は平均5分です。
    • 眼内レンズは目のなかでゆっくりと開きます。乱視矯正用のトーリックレンズの場合は、ここでレンズの方向を厳密に乱視軸に合わせます。
    • 手術終了時。非常にシャープなダイヤモンドメスによる切り口は、縫合しなくても自然に閉鎖します。点眼麻酔のため、患者様は手術終了後、すぐにものを見ることができます。

お帰りの際には

手術が終わった直後は、抗生物質の点眼をし、目を保護するためにプラスチック製のゴーグルをかけてお帰り頂きます。
点眼麻酔ですので、患者様はすぐにものを見ることができますので眼帯はしません。
両目をあけて、普通に歩いてお帰り頂けますが、瞳孔を広げる散瞳剤(さんどうざい)が効いていますから、足元に十分お気をつけてお帰り頂きます。念のため帰宅時には、付き添いの同伴をお願いしております。 

ご予約お問い合わせ フリーダイヤル(通話無料)0120-916-207 フリーダイヤルをご利用できない方(通話有料) 03-5542-1446 電話受付時間 月~金・日9:00~18:00 (土曜日・祝日は外来休診です)

ご予約お問い合わせ

  • フリーダイヤル(通話無料)0120-916-207
  • フリーダイヤルをご利用できない方(通話有料)03-5542-1446

電話受付時間 月~金・日9:00~18:00 (土曜日・祝日は外来休診です)